shirofune.net

シロフネは外国人雇用関連情報をまとめたメディアです。 外国人雇用の際のリスクやメリット・デメリット、雇用手続き、法令、最新ニュース等様々な情報を発信しています。

外国人雇用実際どうなの?ーメリット・デメリットー

外国人雇用実際どうなの?ーメリット・デメリットー

「外国人 採用」というと、みなさんはどのようなことを思い浮かべますか?

今回は外国人採用のメリット、デメリット含め注意点をまとめていきます。

 

<外国人を採用した際のメリット・デメリット>

【メリット】

・グローバル化

・新しいこれまでにないアイデアが浮かぶ

・社内が若返る

・社員のモチベーションが上がる

・多様化する

・対応力アップ

・優秀な人材の確保

 

【デメリット】

・ビザの申請が手間

・言語の壁

・文化の違い

 

ではまず、メリットからみていきましょう。

こちらは初めて外国人採用をする企業のメリットが主になります。

 

・グローバル化

こちらはいうまでもありません。

それまで日本人のみの会社に外国人が入るということなので、違う文化言語との交流が生まれます。

また社外的にも自社のブランディングに繋がったりします。

 

・新しいこれまでにないアイデアが浮かぶ

違う文化言語との交流を行うことで、日本国内だけではなく、

海外の視点を学ぶことができます。

その結果多様的な考え方ができるようになり、新しいアイデア発想が生まれやすくなります。

 

・社内が若返る

特に東南アジア諸国の方を採用する企業に当てはまります。

実際に外国人を採用するとなるとほとんどの場合が東南アジアの方になります。

その場合、比較的年齢が若いので、社内の平均年齢が下がることが多いです。

また、文化交流をするため、脳内年齢が下がるかもしれません。

 

・社員のモチベーションが上がる

初めて外国人を採用する企業の社員方は特に外国の社員に対する興味があります。

それにより必然的に社内交流の活発になり、社員のモチベーションも上がります。

また、自社に外国人が採用されたことに伴い、社員が知人にその話をしたりするので、

自社に対する気持ちが変化することがあります。

 

・多様化する

グローバル化と似ていますが、外国人の社員を採用することで多様性を認め、

より様々な方を採用できるということに繋がります。

 

・対応力アップ

もちろん言語の面もありますが、外国の方が入ることで新しい方法を様々試すことになります。

すると言語以外の面でも対応力が社内的にも上がっていきます。

 

 

以上メリットになります。

基本的には新しい文化を学べるため、これまでにないことが浮かぶ、できるということになります。

一方、デメリット注意点をみてみます。

 

 

・ビザの申請が手間

こちらは本当に私自身もよく聞かれます。

特に初めて外国人を採用される企業の場合は、1人に任せたり、企業でやろうとせず、

人材紹介会社や行政書士にお願いすることをオススメします。

 

・言語の壁

こちらもよく聞かれます。

しかし、基本的には(よっぽどのことがない限り)日本語で

コミュニケーションが取れる方がほとんどなので、心配はありません。

注意点としてはニュアンスで伝えた場合などは伝わらない可能性もあるので、

しっかりはっきり伝えれば問題ありません。

 

・文化の違い

言語の壁と似ていますが、こちらは完全に変えることはできません。

しかし、慣れることはできます。外国の方次第にはなりますが、3ヶ月もすればすぐに慣れます。

 

デメリットは以上です。

 

おそらく他にもあるとは思いますが、よく話を聞くものを上げました。

ビザの申請に関しては行政書士など専門に扱っている企業、団体にお願いをすればまず問題はありません。

また、言語・文化の問題はメリットでもあります。

むしろメリットに比べたら、それほど大きいものではありません。

 

 

まとめ

外国人を採用するメリットはたくさん!

グローバル化→多様化→新しいアイデアが生まれる→社内交流が活発になる→社員のモチベーションが上がる

デメリット問題点はそこまで大きいものではない!

ビザの問題(紹介会社や行政書士に頼めば解決)、始めの頃の不慣れな部分など

 

外国人採用・雇用に関するご相談はこちら

Return Top