shirofune.net

シロフネは外国人雇用関連情報をまとめたメディアです。 外国人雇用の際のリスクやメリット・デメリット、雇用手続き、法令、最新ニュース等様々な情報を発信しています。

ANA総研、「ぐるなび」と共に温泉地と郷土食を併せた 『ONSEN・ガストロノミーツーリズム推進機構』 発足

ANA総研、「ぐるなび」と共に温泉地と郷土食を併せた 『ONSEN・ガストロノミーツーリズム推進機構』 発足

ANA総研、『ONSEN・ガストロノミーツーリズム推進機構』 発足

 

そろそろ秋の行楽シーズンも目前、紅葉と温泉が楽しめるエリアは海外からも人気を集めています。そんな折、ANA総合研究所と【ぐるなび】は、「ONSEN・ガストロノミーツーリズム推進機構」を10月3日に設立することを発表しました。

文字どおり、温泉と食文化を併せて発信することで国内外から観光客の誘致を図ることを目的としています。日本の温泉地を拠点として、景勝地などを訪れながら、郷土食を楽しむロングステイを訴求するもの。(phoby photoeverywhere)

 

会長には東京都市大学教授の涌井史郎氏、副会長には日本観光振興協会(日観振)理事長の久保成人氏、ぐるなび代表取締役社長の久保征一郎氏、ANA総合研究所会長の浜田健一郎氏の3氏が就任する予定。事務局はANA総合研究所が担う。(出典:TRAVEL VISION

発起人に「あの」別府市!成功実績と観光資源で施策をリードか

このところの外国からの訪日客傾向で語られるニュースと言えば、「爆買いの終了」を告げるものが多い印象です。

ある意味では、こうしたロングステイ型のツーリズム施策は、訪日客誘致における次の成長段階に入ったとも言え、日本中の各地域にある伝統文化や観光資源を戦略的にPRしていくことが求められます。

今回発足した機構によれば、≪今後5年以内に100の自治体を会員認定≫、≪年間100回のイベント開催≫ を目標にしています。11月19日には第1弾として、別府市で「キックオフウォーキング」を実施する予定。

やはりここでも別府が!と思ったら、やはり発起人として大分県別府市が名を連ねていました。

 

温泉と美食は、日本人には切っても切り離せない組み合わせであり、ANA総研による豊富な全国レベルでの詳細に渡る知見をもって、外国へ日本のONSEN地の魅力を打ち出していきます。

発起人の別府市では、「住んでよし 訪れてよし アジアを結ぶONSEN都市」という総合計画を発表しており、市政推進において最上位とされる計画であり指針です。

さらに、留学生誘致にも成功実績があり、今後のプロモーションや活動実績は大いに参考になりそうです。

 

 

Return Top